江坂院 TEL:06-6190-5086新大阪院 TEL:06-4302-4182診療のご予約はこちらから

審美歯科治療、矯正歯科、インプラント治療、一般歯科・歯周病治療は、吹田市江坂駅と淀川区新大阪の歯科・歯医者のかわらもと歯科

むし歯治療

CEREC AC

歯科用CT導入

かわらもと歯科ブログ

HOME»  むし歯治療

むし歯の種類

CO

CO

初期むし歯とも呼ばれています。歯の表面が白くにごってくすんで見える状態です。
まだ元の健康な歯に戻る可能性がありますが、放っておくとむし歯に進行してしまいます。

C1

C1

初期のむし歯で、歯の表面をおおっているエナメル質が侵された程度のものです。
歯の表面が白くにごったり、茶色などに着色しています。ほとんど自覚症状はありません、この程度のときに治療をすれば痛みもあまりなく簡単に終わります。

C2

C2
 

むし歯が象牙質の大部分まで進行したものです。まだ神経まで達していませんが、甘いものを食べると痛みを感じたり、冷たい物がしみるなどの自覚症状が現れてきます。
多くの場合、この時点で治療を行えば神経をとらずに済みます。

C3

C3

むし歯が進行して歯髄(神経)まで達してしまいます。神経が侵されているので、激痛を感じます。ここまでむし歯が進行してしまうと神経を取らなければなりません。
歯に栄養を与える神経がなくなると、歯はもろくなり欠けやすくなってしまいます。ここまで進行しないように気をつけましょう。

C4

C4

むし歯がどんどん進行し、根っこだけの状態です。歯冠の回復が困難なほど進行してしまった場合や膿を多く持った場合は、歯を抜かなければならない事があります。

むし歯の原因

むし歯は歯の表面の最も硬いエナメル質の部分に穴があき、進行するとどんどん広がって深くなります。この硬いエナメル質を溶かす細菌の巣をプラークといいます。
プラークには、わずか1mg中に約1~2億個もの細菌が含まれていると言われています。この細菌の集団がたべもののカスをもとに強い酸をつくりだし、人間のからだの中でいちばん硬いといわれる歯のエナメル質を溶かしていきます。この状態がすすんだものがむし歯です。

予防方法

  • 砂糖の摂取量を減らしましょう。
  • 食後に歯を正しい方法で丁寧に磨きましょう。
  • フッ素入り歯磨きやジェル等で予防しましょう。
  • お菓子や間食の回数を減らしましょう。
  • 定期的に検診で歯科医院に通って歯のチェックや掃除をしましょう。

ハーバルロリポップ

ハーバルロリポップとは?

ハーバルロリポップ

Dr.john'sの革命的とも言える製品です。
リコリス(ウラル甘草)ハーブの成分を含有したオレンジ味で、永年アメリカの子どもたちに親しまれてきました。UCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス 校)歯学部のオーラルバイオロジー科の研究により、美味しさを加え、どのアメよりも健康的なお菓子として世に広まりました。

10日間 1日2本の お召し上がりが目安です。

ハーバルロリポップハーバルロリポップ

食べ方の目安としては
ハーバルロリポップを、10日間、朝と夜の各1回ずつ歯磨き後に使用すると、甘草根エキスが虫歯の原因となる口中バクテリアの動きを3~6ヶ月間抑えると言われています。
したがって、年に10日間(20パック)2回~4回の使用をお奨めします。
※ハーバルロリポップは食品であり、毎日の歯磨きとデンタルフロスなど歯科衛生器具の使用、また定期的な歯科医院での歯のクリーニングを代替するものではありません。

TOP