江坂院 TEL:06-6190-5086新大阪院 TEL:06-4302-4182診療のご予約はこちらから

審美歯科治療、矯正歯科、インプラント治療、一般歯科・歯周病治療は、吹田市江坂駅と淀川区新大阪の歯科・歯医者のかわらもと歯科

歯科用CT

CEREC AC

歯科用CT導入

かわらもと歯科ブログ

HOME»  歯科用CT

当院では、歯科専用CTを使用しております

歯科用CTはインプラント診断、歯周病による骨欠損の状態、顎関節、歯根の膿、親知らず、神経の走行など2次元のレントゲン撮影では不可能だったお口のさまざまな状態を診断できます。特に、安全性と正確性が求められるインプラント治療にはCTによる3次元診断は必須であり、いまや世界の常識となっております。
歯科用CT撮影をご希望の方はスタッフにお声掛けください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯に利用することで、歯と神経の位置関係を正確に把握できます。これにより、神経を傷つけてしまうリスクや、周囲の炎症の程度、病巣の有無や大きさ、位置なども判断・考慮して、治療を行うことができます。
また、埋伏歯の位置なども精密に判断できるので、余分な切開や骨の切除などを避けることができます。
 

歯の形態、外傷歯の把握

歯根の形態や数、方向や長さを立体的にとらえることができます。また、膿の大きさ、骨の破壊の程度、が把握でき、治療方針を決定する上でも役立ちます。

歯科矯正治療と歯科用3D

術前の検査で顎骨の状態が正確にわかるので、歯の移動の限界が予測でき、治療計画の際に役立ちます。最適な治療方法を選択できることにより、治療期間の短縮にもつながります。

安全なインプラント治療

インプラント治療では、埋入する部位の術前の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)を正確に判断できるので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が即日に行えます。
歯科用CTの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは安心な治療への第一歩です。

TOP