江坂院

江坂駅 1号出口より徒歩3分

MAP WEB予約

TEL: 06-6190-5086

新大阪院

新大阪駅 1号出口より徒歩4分

MAP WEB予約

TEL: 06-4302-4182

Implant インプラント

インプラント

インプラントとは

失った歯を

取り戻すための治療です。

人間年を取ると、経年などで歯が抜けてしまうことがあります。インプラントは、抜けてしまった歯の代わりにチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠をかぶせます。
顎の骨に定着した歯根はしっかりとものを咬む事ができ、またかぶせた歯冠は他の歯と調和し、素敵な笑顔を作ります。

一番のメリットは、周りの歯への負担がないこと

インプラントは入れ歯やブリッジと違い、ほかの健康な歯に余計な負担をかけることがありません。また顎の骨に天然歯と同じように感覚を伝えることができるため、しっかりと噛むことができます。
見た目も美しく、機能的にも優れているため、入れ歯やブリッジに不満のある方も満足していただける治療方法です。

もちろん、どうしてもデメリットもあります。
インプラントは神経がないため、天然の歯のように虫歯になることがなく、結果、自覚症状がないまま歯周病やインプラント周囲炎などを発症することがあります。
定期的な歯科検診と、きちんとしたセルフケアを行うことで、抜け落ちたりすることを未然に防ぐことができます。

歯を失った場合の治療法の比較

インプラント

インプラント

歯を失った箇所の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を手術で埋め込み、骨とインプラントが結合したことを確認してから、人工歯を取り付けます。
構造的にも、噛み心地や見た目は天然歯のように自然な仕上がりになります。

  • メリット

    ◎天然歯と同じ感覚で噛むことを楽しめます
    ◎周囲の歯に負担をかけたり削ったりする必要がありません
    ◎発音や発声に影響がありません
    ◎見た目が天然歯と変わらず審美性に優れています
    ◎入れ歯やブリッジに比べて骨が痩せません
  • デメリット

    ▲手術が必要です
    ▲顎骨が不足している場合など、症例によっては治療できないこともあります
    ▲治療期間は比較的長期になります

入れ歯

入れ歯

歯を失った部分の型を取って人工の歯を作り、ピンク色の床の上に取り付け、それ自体をご自身の歯にバネで引っ掛けるようにして装着します。治療範囲によって、部分入れ歯や総入れ歯など、治療方法が異なります。

  • メリット

    ◎ブリッジでは対処できない大きな欠損にも対応可能です
    ◎治療が簡単で、保険適用の範囲が広いため、費用を抑えることができます
  • デメリット

    ▲天然歯の2~3割の能力しかなく、硬いものなどが噛みにくくなります
    ▲食べ物が挟まって不衛生になりやすい
    ▲歯根が無い状態なので顎骨が痩せてきます
    ▲定期的な調整と作り直しの必要があります
    ▲装着に違和感を感じる方が多いです
    ▲発音に影響を与えることがあります
    ▲留め金のバネが目立って見た目に影響します
    ▲支えにしている周囲の歯に負担がかかり虫歯になりやすくなります

ブリッジ

ブリッジ

失った歯の左右両隣の歯を削り、それらを支えに人工の歯を橋のように渡しかける治療方法です。
支えの分と合わせて、基本的に義歯3本が1セットとなります。失った歯が少ない場合に適しています。

  • メリット

    ◎違和感が少なく、入れ歯よりも噛む能力が高い
    ◎天然歯と変わらぬ審美性の高い修復ができます
    ◎短期間で治療を終えられます
  • デメリット

    ▲失った歯が多い場合には適用できません
    ▲ブリッジを支えるために両隣の健康な歯も削る必要があります
    ▲構造上、食べ物が挟まりやすくなります
    ▲歯根が無いので顎骨が痩せてきます
    ▲支えにする両隣の歯に負担が大きく、将来的にそれらの歯も失うリスクが高くなります

インプラント治療の流れ

  • 01

    インプラント相談(無料)

    現在のお困りごと、 診療に対する希望などを聞かせていただきます。

  • 02

    検査・診断

    ・デジタルレントゲン撮影
    ・印象採得 (平行模型作製の為のお口の中の型取り)
    ・口腔外写真撮影
    ・口腔内写真撮影

    診断

  • 03

    1次手術

    歯肉を切開し、顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込みます。埋め込んだ後、早く定着するように歯肉を縫合します。
    インプラントが顎の骨と定着するのに約3~6ヶ月かかります。
    手術のその日は、あまり刺激の多いものはいけませんが、普通にお食事もしていただけます。

    次手術後

  • 04

    2次手術

    インプラントが定着したら、再び歯茎を切開し、今度は歯根と歯冠を結ぶアバットメントを取り付けます。

    2次手術後

  • 05

    人工歯冠(クラウン)の取り付け

    クラウン

    二次手術の歯肉の腫れなどが引けば、セラミック製の人工歯冠(クラウン)を取り付けます。

  • 06

    定期メンテナンス

    インプラントをしても、自然の歯と同じように歯肉の間に菌が入りこみ、歯周病になってしまいます。歯石の除去やクリーニングなど、菌が増殖しないよう定期メンテナンスを行いましょう。

    二枚のレントゲンをもとに、骨の長さと幅と形態を診査

    レントゲン
    パノラマ撮影→顎全体を平面的に診査

    レントゲン
    トランストモグラフィー(顎の骨を縦切りレントゲン)→CTの様に、骨の形状を診査